blog 美味しいBar
2011年2月23日

ソフトシェル。

最近、大人気のソフトシェルシュリンプ
当店では、これをセモリナ粉にまぶして揚げてます。
ここ二週間で驚く程のオーダー数!
素直に美味しいやわらかいエビです。

2011年2月21日

引っ越し。

Clobhair-ceannはレベル upした!!
力が           1あがった。
素早さが         1あがった。
サービスが       1あがった。
社長のプレッシャーが 1あがった。(笑)
遂に第三の男…逗子に引っ越します。
終電であがってもらってましたが、
これからは気にせずフルパワーで働いてもらいます。
覚悟して下さい!
でも、今まで見えてなかった物や教えていなかった事を一緒に共有していきたいですね。
宜しくお願いします。

2011年2月20日

覚えにくくてスミマセン!!

店名 Clobhair-ceann
おかげ様で、1年と少し。。お客様に『店の名前が覚えられない』
なんど言われたか。。。
その度にネクタイの男『申し訳ございません。クルベルキャンです。』
そりゃ、言われますよね~。だって読めませんよ。ふつうに。。
くろぶへあーしぇーん??
 
始めの頃、検索サイトでは、ご丁寧に美容院登録されてました。(泣)
しかし、、、ネクタイの男、心の中では。。。(名前なんて、なんでも良し。)
要は、その場所さえ、覚えて頂けたら、それで十分!!
その場所の中で、行われている出来事が、お客様に
印象を与え、気に入っていただけたら、幸い!!
そんなことを、思いながら今日は、帰ります。。。

2011年2月19日

ショック!

ご存じ!童話『アリとキリギリス』。
実はキリギリスは登場せず、別の虫が登場していたらしい。
その虫とは
『アリとセミ』が本家なんですって…。
ちょっとショッキング。。。
意外と間違ってる情報ってありますよね。(笑)

2011年2月18日

カルヴァドス。

今年初の試飲会。
2011-02-162017_32_47.jpg
カルヴァドスはリンゴのブランデー。
通常は1~3割程度の洋ナシを伝統的に使用します。
しかしっ!
今回、Clobhair-ceannが入手したカルヴァドスは
林檎100%!!
ゆっくり熟成し、リンゴの風味と樽香のバランスが抜群です。
他にも新しいウィスキーが入荷します!

2011年2月17日

矛盾。

お客様と携帯電話の話になり、
待ち合わせのドキドキやお家に電話をするドキドキ
減りましたね…。
確かに。。。
…なんて思いながら、相変わらずスマートフォンに興味津々なフライパンの男。
なんだか新しい機種が出そうな感じ!?
買い時はいつだ?
そんな中、最近は全く関係ない『Blue air』に注目中!!

2011年2月16日

沖縄上陸!

いつも来て下さる、雑誌 『Number』 の方と共に
沢山の国や地域を旅してきたRIMOWA製のスーツケース。(格好いい!)
picsay-1297788055.jpg
10年以上愛用し、色々な思い出も積ってるそうで…
picsay-1297788203.jpg
なんとっ!そこに本日完成したClobhair-ceannのステッカーを貼っていただけました。
うちの妖精が、明後日より沖縄に上陸して、プロ野球のキャンプを一緒に取材してきます。
鎌倉に帰ってきても、剥がされていませんよーに。(願)

2011年2月14日

初Blogです。

初登場!
見た目40の男です。
3月より、Clobhair-ceannの社員として働かせて頂けることになりました。
そして、21日に横浜から逗子に引っ越します!
精一杯がんばります。
ネクタイの男やフライパンの男、お客様にもご迷惑をお掛けすることと思います。
まだまだ未熟な私ではございますが、今後とも宜しくお願い致します。

2011年2月13日

お褒めに預かり光栄です。

ある意味、Clobhair-ceannのキーマン。
P1010043.jpg
本日ご来店頂き、いつものようにお気に入りの『Pizza』をご注文。
お一人で普通に1枚ペロリ。
久々だったので、感想を伺いに行くフライパンの男。
『他のどのピジャより美味しいよ。』と、お褒めの言葉。
嘘のない笑顔に、純粋に嬉しさを感じた日でした。

2011年2月12日

雪。

2月11日
本日の天気は
鎌倉周辺では普段、積雪することはあまりなく…
その為か、幼い頃からが降るとテンションが上がります!
しかし、やはり慣れていないため、少しの降雪ですぐに色々なデメリットが生じる事も否めなく…
今から約10数年前の1月15日。
当時はまだ第2月曜という決まりはない成人の日。
40cm程(それくらいの感覚でした。)積雪して、とても大変だったのを思い出します。
なぜなら、フライパンの男…その日、必死に成人式の会場を目指したからです。(笑)